お悩み
事例紹介

BRANDINGブランディング戦略

ホテル内プライベートスパからの依頼

競合と差別化ができておらず、
他のサロンより優れた印象を
与えるにはどうすれば良いでしょう?

有名ホテル内に店舗を構えているのですが、
どうも客数が増えません…
ホテル近隣には競合サロンも多く、
特長をうまく伝えられていないのかも。
技術に関しては申し分なく、スタッフは精鋭ばかりを
集めているつもりです。
口コミなどをうまく使いたいのですが、
どうすれば広がってくれるでしょうか?

CI設計を見直しましょう! 今回の戦略ポイント

CIとは、コーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略です。
企業が自社の理念や特性を社会に共有し、
企業内外に統一したイメージをつくることで、
より良い会社をつくろうとする企業戦略のことを指します。

現状のCIのままでは、このホテルスパの魅力を十分に伝えきれていないと
感じましたので、立地・サービスからターゲットを設定し直し、
サロンの特長を視覚的に感じられるよう、CI設計を見直しました。
ターゲットに響くコンセプト、アプローチ方法を考えながら、
サロンの価値を高め、ブランド価値を確立させるようなCIをご提案しました。

他社と差をつける
CI設計とは?

CI設計の指標となる市場背景

「ホテルスパ」への認知度・理解度が高まり、ニーズは増えているものの、
サービスもどんどん多様化し、出店と淘汰が繰り返されている状況。
リラクゼーションサロンの利用率・利用金額・年間利用回数も横ばいが続いています。

ホテルスパに期待すること

[出典] Beauty World 総研 (2011年)

ゴージャスな気分を
味わえること
(62%)

精神的に
リラックスできること
(59%)

ちょっとした贅沢を
感じられること
(52%)

「スパ」でのサービスを受けるときに重視すること

[出典] Beauty World 総研 (2011年)

スタッフの
接客態度が良い
(74%)

料金が
明確である
(38%)

お店の雰囲気・
インテリアが良い
(38%)

競合他店で多く見られるアプローチ

(弊社調べ)

ゴージャス感をアピール
非日常性の高い空間づくり
リラクゼーションを重視

市場背景 まとめ

ホテルスパに対して顧客が持つイメージや期待していることと競合他店が行っているアプローチはおおむね同じものであり、それは顧客の期待に応えた結果とも言えるが、裏を返せば期待以上のことができていないということ。
顧客も予測しないような、エッジの効いたアプローチにこそ差別化のヒントが眠っている。

ターゲット設定

高級飲食店街に位置しており、ラウンジやクラブ、料亭などを中心とした料飲店が集中。
近隣には多数の有名企業が集まる大きなビジネス街がある。

ビジネスマンが多くを占める。空前絶後のストレス社会とも称される昨今、毎日のようにストレスを抱える大企業のビジネスマンが、リラックスできる環境を求めている。

8つのタイプ分類におけるリラクゼーションサロン利用傾向

[出典] Beauty World 総研 (2011年)

20歳〜49歳の女性を3層・8タイプに分類。
各タイプのリラクゼーションサロンに対する美容行動や価値観の傾向を調査し、
どのタイプがターゲットとして適切かを探る。

ターゲット設定 まとめ

立地条件から考えて、リラクゼーションサロン需要は十分見込める。
女性客をセグメント分けしたとき、美容に対する感度の高い
いわゆるイノベーター層の囲い込みが鍵を握る。

CI/コンセプト設計

実際に提案、制作したCIはこちらよりご覧ください。

提案先:R社

「R社 ブランディング確立へ向けた方向性のご提案」

資料ダウンロード(2.7Mb)

※まだパスワードをお持ちでない方はこちらから取得ください。